MUSIC CD

  • ¥ 3,240
  • アルタイの古代信仰テングリから地球のマグマ シロイルカからシャボテンに至る超現実的な世界が ヒカシューマジックで現出。人間存在のあやうさにも迫る快作。 曇天を青空にする魅力あふれる傑作アルバムが誕生した。 MAKIGAMI RECORDS 10周年記念盤。オノセイゲンによるDSDマスタリング ジャケット画逆柱いみり pataphysical songs and impro MAKIGAMI RECORDS 2015 mkr-0010   JAN4571266200108

  • ¥ 3,240
  • 束芋とのコラボ『うらごえ』から1年半。 カナダ4都市の公演後、前作同様ニューヨークで録音された ヒカシューならではの度肝を抜く歌と超絶演奏の数々。 そのゴージャスは屍を飛び越えるスキル。 ナボコフの蝶が舞う部屋で、インデックスカードから生まれた激烈な音楽。 ヒカシュー渾身の大傑作誕生。 ataphysical songs and impro JAN4571266200085  定価 3,240円(税込)  MAKIGAMI RECORDS 2013 mkr-0009

  • ¥ 3,240
  • ニューヨークからモスクワ、そしてシベリアへ、否定と肯定を繰り返し、 世界を大股にひと跨ぎ。束芋によるオリジナルドローイングがまた豪華。 ヒカシューの歌と即興で美しく煮えたぎる超絶盤!! ataphysical songs and impro JAN4571266200085  定価 3,240円(税込)  MAKIGAMI RECORDS 2012 mkr-0008

  • ¥ 3,024
  • その生態に偽り無し。 迂回と擬態を繰り返す超常ロック、 ヒカシューならではの生命の賛歌!! pataphysical songs and impro 2008年4月25日発売 MAKIGAMI RECORDS 2008 mkr-0004 1 生きること 4:52 2 デジタルなフランケン 4:47 3 まえにいたのは 6:01 4 入念 4:00 5 脳千鳥 6:36 6 ベトベト 7:10 7 マンハッタンの口琴 1:46 8 カモノハシ 9:41 9 故事によってその卵を茹でる 6:13 10 オーロラ 10:35

  • ¥ 1,944
  • 山ではカラスが、癒しを笑う 曇りじゃないよ 晴れてもないよ きみにはヒカシュー必要だよね pataphysical songs MAKIGAMI RECORDS 2011 mkr-0007 JAN4571266200078 2011年1月25日発売 曲目 1 ニコセロンpart3 作詩作曲 巻上公一 2 あしたにかけた  作詩 巻上公一 作曲 三田超人 3 青すぎるジャージ 作詩作曲 三田超人 4 ニコセロンsuper mix 作詩作曲 巻上公一 remix 坂出雅海

  • ¥ 1,296
  • ざらにはない増長するいい感じ。 いつもの陽気な禅問答で、ヒカシューの歌に溺れよう。 pataphysical songs 2009年10月20日発売 MAKIGAMI RECORDS 2009 mkr-0005 1 鯉とガスパチョ 4:25 2 珍無類 4:28 3 グローバルシティの憂鬱 4:53

  • ¥ 2,160
  • 最新のヒカシューは、 自由奔放、飄々たる歌と演奏でおくるニューヨーク録音盤。 ただあるがままにその場で言葉を紡ぎ、 優雅な即興の音楽を展開する、まさに新境地。 吟遊と白熱が同居する、大傑作!! 2006年10月1日発売 MAKIGAMI RECORDS 2006 mkr-0002 01 . 転々 TEN TEN 6'31 02. 挨拶以前 NO HELLO 4'24 03.かくれんぼ HIDE-AND-SEEK 5'16 04. さっき WHAT IS SAKKI 3'54 05. 夕涼み COOL EVENING 6'18 06. 突然(スイカの半分) UNEXPECTED...HALF OF WATERMELON 3'57 07. 生きててよかったなあ LIVELY STORY 3'13 08. 金の卵 GOLDEN EGG 4'30 09. ここにざくろあり A POMEGRANATE IS HERE 6'42

  • ¥ 2,160
  • 989年、チュチュランド第3回公演 より、「自殺なディスコ」の音楽。今回初音源化!ハ 「仕事の営業以外では殆どディスコに行かない僕にとって、ディスコはナウ過ぎて近づきがたい存在であった。当時、僕は若者だった筈だが、どうも若者が苦手であった。 そこに巻上公一が、自殺なディスコなるタイトルのバレエを考えて、一緒に曲を作らないかと言ってきた。(中略)普段あまりやったことのない打ち込みなる作曲方法も取り入れ、全く作ったことのないディスコ・ナンバーにトライしたら、意外にどんどん曲が出来て、こんな音楽が出来た。公演時以来、未発表の音源がいよいよCD化され、嬉しくてディスコに行きたい気分だが、今は、あまりディスコがないのである。」(三田超人による最新解説より抜粋) *初CD化/最新リマスタリング/解説付き/特殊デジパック仕様 3枚「そばでよければ」「なにもかも踊れ」「自殺なディスコ」同時にお買い上げの方には、 「自殺なディスコ」スペシャル・トートバッグプレゼント!!! 限定数なくなり次第終了。

  • ¥ 2,160
  • 巻上、ニコラス・ディクソン、小竹信節らとともに、 バレエ・パフォーマンス集団チュチュランド・アカデミーを設立。 音楽をヒカシューが担当。 第1回公演の『なにもかも踊れ』は、 「ブルーバナナバー」という架空のカクテルバーでの出会いをテーマにし セリフ、歌、ダンスが渾然一体となった作品。音源はカセットで自主発売された。 *初CD化/最新リマスタリング/解説付き/紙ジャケット仕様

  • ¥ 2,160
  • 1985年発売、初のCD化。小林紀子バレエ団公演「そばでよければ」の音楽を担当、 一面蕎麦の写真が使われた強烈なピクチャー・レコードが話題に。 「クラシックバレエの華麗な表現と日本そばという和風料理の中でもとりわけ質素で素朴なものが結び付く事自体、まず常識では想像もつかない。西洋の歴史ある審美的バレエに少しでも近づこうとしてきたバレリーナ達に、なんの悩みもなかったのだろうか。 しかも、音楽はオーケストラではなく、ヒカシューという極めてユニークなロックバンドが演奏する。 おそらく、振り付け、演出がイギリス人のニコラス・ディクソンだからできた事だろう。 まさに不思議な出会いの成果と呼ぶべきものが『そばでよければ』である。」 (オリジナル解説より抜粋) *最新マスタリング/解説付き/特殊パッケージ仕様

  • ¥ 2,700
  • 初めてCD化されるヒカシュー初期の「超・少年」「私はバカになりたい」などのシングルを含む、レア音源満載のスペシャルなアルバムが登場した。ザ・ベンチャーズとのライブからハンガリーのジプシーとの1990年の演奏まで、知られざるヒカシューヒストリーに驚嘆せよ。 1. 超・少年 2. 私はバカになりたい 3. PIKE <英語バージョン> 4. 放射能 5. 筋肉とフルーツ 6. 新しい部族 <シングルバージョン> 7. 超・少年 <インストゥルメンタル> 8. 十番街の殺人 9. テルスター 10. 20世紀の終りに <ダクソフォンバージョン> 11. オボポイ 12. 私はバカになりたい <インストゥルメンタル>